安久津八幡宮

黄色、ピンク、緑のコントラストの中、黒々と、鮮やかに浮かび上がる古塔。置賜地方唯一の三重塔がある安久津八幡神社。春になると絢爛豪華な風景を求めて大勢の観光客が訪れています。

 山形県高畠町は「まほろばの里」と呼ばれている。「まほろば」 とは、古事記などにしばしばみられる「まほら」という古語に由来する言葉で、「丘、山に囲まれた稔り豊かな住みよいところ」という意味。縄文時代の遺跡や、数多くの古墳群は、この土地の豊かさを物語っている。

平安時代、この地域は、関東から出羽国・置賜地方に入る際の玄関口となっていた。安久津八幡神社の起源は、貞観じょうがん2(860)年、東国に三千仏建立を志した慈覚大師が豪族・安久津磐三郎の協力で阿弥陀堂を建てたことに由来するといわれている。その後、平安時代後期(永承6(1045)年)に奥州・安倍一族討伐の命を受けた源義家が二井宿峠を越え、この地に入り。ここで戦勝を祈願し、軍勢を立て直して大勝を得たことから、源氏の氏神である八幡神を鎌倉由比郷より分霊し、神社を建立してお祀りしたと伝えられている。

 山形市内から国道13号を南進し、車で約50分(米沢市から北進し、20分)の高畠町。国道13号から、国道113号に入ってしばらく進むと、向かって左手の山すそに端麗な三重塔が姿を現す。
 この塔は、当初、江戸時代前期の寛永2(1625)年に建造されましたが烈風で倒れ、現存するものは、その後、寛政9(1797)年に民衆の寄付により再建された。建物の正面、側面共に柱の間が3間の「方三間造」で、銅板葺きの屋根が特徴。遠くからでも目を引くこの楼観は、まさに高畠町のシンボル的存在。

 塔に気をとられて目線が上に向かいがちですが、石畳の参道に戻って、鳥居の足元を見ると気になるものが目に入ります。参道の両脇に横たわる大きな棒状の2本の石。「じじばば石」と呼ばれている。この石には、昔、お爺さんとお婆さんが「一昼夜で鳥居を建てる」と願を掛けたものの叶わず、諦めて置いていった、という伝説が残されている。

毎年5月3日に舞楽殿で小学生の女児による雅な倭舞が舞われる。

 毎年5月3日には「春の例大祭」があり、この舞楽殿などで、奈良春日大社と同系の舞といわれる「倭舞やまとまい」、「田植舞」が舞われます。鈴や扇を持ち、琴や拍子、笛の音色に合わせ、優美な舞を舞う巫女たち。皆さんにもぜひご覧いただきたい祭事。

秋の例大祭で舞われる延年の舞は県指定の無形民俗文化財にもなっている。

 9月15日には秋の例大祭が執り行われます。小学生の男の子達が舞う「延年えんねんの舞」は豊作、天下泰平、国家安全、参会者の長寿などを祈願したもの。県指定の無形民俗文化財に指定されています。秋の例大祭では、流鏑馬やぶさめも披露される。

 舞楽殿を過ぎると、参道は一段と静寂さを増していきます。苔むして少し傾斜した道を進み、石段を登ると、三間社流造さんげんしゃながれづくり(正面側の屋根を長く伸ばす造り)、茅葺きの本殿に至ります。現存の本殿は、宝暦5(1755)年に再建されたものです。三重塔、舞楽殿、本殿の3つは県指定文化財。

 境内を出て、遠景から一帯を望むと、花々に彩られた絶景が広がる。桜や菜の花が盛期を迎えるのは例年4月中旬ごろ。また、神社西側の山は5千本ほどのつつじで彩られ、桜が終わってもまた異なる景観が楽しめる。

infomation
■ 名称 安久津八幡神社
■ 所在地 山形県東置賜郡高畠町大字安久津2011 [MAP]
■ お問い合せ先 安久津八幡神社
■ 電話番号 0238-52-2924
■ アクセスJR高畠駅より車15分
■ 駐車場有り(安久津八幡神社の入口側)