白布温泉(しらぶおんせん)は山形県米沢市(旧国出羽国、明治以降は羽前国)にある温泉。白布高湯温泉とも呼ばれる。米沢市の南部に位置する。湯治場としても400年を越える歴史を有する。江戸時代には福島の高湯温泉、山形の蔵王温泉とともに奥羽三高湯に数えられた。

開湯は1312年であるとされる。武士であった佐藤宗純が、鷹が温泉で傷を癒しているところを発見したとされる。戦国時代には伊達輝宗が、1790年には、上杉鷹山が入湯した。1604年から1615年の間、当地に米沢藩の鉄砲製造場が置かれた。

標高約900メートルの吾妻山北西側に位置し冬季は雪深く、「秘境」的な現地の趣ある雰囲気に、東京をはじめ大都市圏からの観光客、オートバイでのツーリング客、またシーズン時にはスキー客も多い。
老舗である中屋旅館・東屋旅館・西屋旅館をはじめとする数軒の旅館が存在する。その外観は、かつては昔ながらの茅葺き屋根で、訪れる人々の心を癒してくれていた。現在では西屋旅館のみが茅葺屋根である。
足湯、打ち湯もあり、米沢牛や山菜中心の旅館の夕食は、老若男女問わず好評。
付近には天元台スキー場や滝があり、野生の猿や狸、天然記念物のニホンカモシカにも出会える。

■白布温泉の名前の由来

  1. 温泉発見時の鷹に白い斑点があり、白斑鷹湯と名づけられ、それが転じて白布高湯、白布温泉となった。
  2. 温泉の流れる様が白い布のようであった。
  3. アイヌ語で霧氷のできる場所の意味である、シラブに由来し、後に漢字をあてがった。

白布高湯温泉歴史略記  上杉火種塾講話資料(宍戸 康裕氏)

開 湯 
 正 和 元 年  (1312)開祖 佐藤宗純住す                米沢藩主長井貞秀(5代)
      3 年宗純妻山中にて再会 薬師堂建立 湯治場開く
 正 平 年間 
(1346~1348)
遠藤某 住す
宗純死去
領主より湯守を命ぜらる
        総湯司 佐藤惣門
        湯 守  遠藤 某
 康 安 2 年  (1362)惣門死去
領主の命により惣門の後を宍戸惣蔵が継ぐ
領主公認の湯役所となる
 貞 治 3 年  (1364)宗純妻死去
 天 授 6 年  (1380)長井氏滅ぶ 伊達氏の領となる
 伊達氏時代 
(1380~1590)
時に家臣の入浴あり
言い伝えによると 輝宗公 政宗公代に殿の入浴あり
 蒲生氏時代 
(1590~1598)
 
 上 杉 氏 時 代 
  慶 長 3 年 (1598)上杉氏会津を領し
当地を直江山城守領す
       6 年 (1601)上杉氏 米沢三十万石領主となる
       8 年 (1603)湯の平から現在の場所へ住を移る
       9 年 (1604)白布高湯にて鉄砲製造始む
  元 和 元 年 (1615)大阪の合戦終決 白布高湯にて鉄砲製造終了
  寛 永 20年 (1642)宍戸家湯役金免除
  延 宝 2 年 (1674)
       6 年 (1678)
両年白布高湯大洪水
    (この時期 湯宿三戸となる)
  延 宝 6 年関三ヶ村及び李山村の山境決定
  宝 永 5 年 (1708)御森林山の民間委託
  正 徳 5 年 (1715)白布高湯 李山村から分かれ 関村新地となる 戸数3戸
  宝 暦 3 年 (1753)白布高湯火災 湯宿三軒焼失
  寛 政 2 年 (1790)鷹山公ご入浴 自筆の日記をしるす
  文 政 11年 (1828)白布高湯火災 湯宿三軒焼失
  慶 応 3 年 (1867) 藩境警備を行う
       4 年 (1868)鉄砲台木千挺分作り藩に忠信
  明 治 9 年温泉法 三旅館許可を得る
      34 年現在の湯滝風呂に
  昭 和 2 年吾妻神社