ワインと言ったら、山○県

皆さんは、国内ワインといったら何県が思い浮かびますか?

山形県産ワインは東北一の歴史がある。

山形県置賜地方は葡萄の産地。そんなことから実はワインも産地。南陽市には東北一歴史のある「酒井ワイナリー」はじめ「大浦葡萄酒」「佐藤ぶどう酒」「須藤ぶどう酒」が老舗ワイナリーがある。南陽市は少人数の家族経営で、アットホームな雰囲気古くから受け継がれてきた製法と丁寧な作業により、それぞれのワイナリーで特徴のあるワインが作られている。

近年ジェラートや、新鮮果樹で人気のある漆山果樹園が「漆山ワイン」を発売した。また渋谷や青山、逢坂などで創作イタリアン店を展開している、サローネグループが2017年にワイナリー「グレープリパブリック」がオープンし人気を呼んでいる。

そして隣町の高畠町には、山形県内最大の「高畠ワイナリー」がありワイン愛好者が訪れている。

また米沢市は、四方を山に囲まれた米沢盆地があり、一日の寒暖の差が大きくぶどうの栽培には理想的な環境を活かし浜田(株)が1957年ワイン醸造に着手。

1973年ぶどう果樹の垣根式密植栽培法に成功しボルドー大学でワイン醸造技術を学び1976年シャトーモンサンを発売。ワインは畑作りから基本にこだわりの手作りワイン。浜田(株)のワイナリーからは南に東連峰北東に蔵王連峰、そして飯豊連峰などの山々を見渡せる絶好のロケーションにある。

南陽市や高畠町のぶどうの栽培、ワインの醸造ともに始まったのは早く、江戸時代には甲州ぶどうの栽培が始まっており、1870年代には初代県令により奨励され、1892年には赤湯に東北地方初のワイナリーができた。一時は60軒ほどで醸造されおりワインの一大産地であった。

当時は、ぶどう農家がぶどう酒を仕込んでいるところが多く、どこも規模は小かった。現在もぶどうの栽培の産地であり、生食用デラウェアを中心に首都圏に出荷されている。生産者や後継者が減ってきているが、この地域の葡萄はワイン造りに適しているとのことから各支援者が現れ継続が期待されている。 各種ワイナリーでは、製造工程を見学でき、須藤ぶどう酒工場ではワインの製造体験も行っている。

■「ワインフェスティバル in 南陽」
主催:南陽市ワインの里づくり委員会(事務局:南陽市商工観光課) tel.0238-40-3211(代)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

漆山ワイン720ml人気のデラウェアを皮ごと醸したオリジナルワイン
価格:1800円(税込、送料別) (2019/6/17時点)

 

楽天で購入

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です