早瀬 あや
(はやせ あや、1993年10月3日生)モデル。本名は梶原彩菜。
山形県飽海郡遊佐町出身。01familia所属。山形県立遊佐高等学校卒業。兄弟、弟が2人。

趣味はアニメ・ゲーム鑑賞。休みの日はYouTubeを見ている。普段はあまり笑わないという。

早瀬あやオフィシャルブログ – Ameba
早瀬あや (hayase_aya) – Instagram

  • 高校時代はテニス部に入っていた。スリーライズ所属の今村仁美とは姉妹のような仲であり、2015年6月のInterop Tokyoでは同じブースでコンパニオンをしていた。沖縄料理が好きでよく食べている。
  • カフェの店員をしながらモデルの仕事を始め、撮影会や美女暦にも出演していたが、2014年11月からイー・スマイルに所属し、「早瀬あや」を名乗る。
  • 2015年、SUPER GT「ZENT sweeties」の一員としてレースクイーンデビューを果たし、同年の日本レースクイーン大賞新人グランプリ・最優秀新人賞、レースクイーン・オブ・ザ・イヤー 14-15を受賞。特にレースクイーン・オブ・ザ・イヤーにおいては、史上初の平成生まれからの受賞者となった。同年12月18日には2016年度のK-1ガールズのメンバーに選出され、2013年のレースクイーン・オブ・ザ・イヤー受賞者であった青山めぐの後任として、「K-1 WORLD GP」のラウンドガールを務めた。
  • 2016年2月22日、地元である遊佐町から「鳥海2236 ゆざ親善大使」、酒田市から「酒田ふるさと観光大使」に選ばれる。同年、2年連続でSUPER GT「ZENT sweeties」メンバーを務める。一方、同年6月にはレッドブル・エアレース・ワールドシリーズの2016年千葉大会にてレースクイーンのイメージガールを務め、8月2日には初の写真集「PERFECT」を光文社からリリースした。10月2日には東京オートサロンのイメージガール「A-class」の2017年度メンバーに選ばれたことを発表し、レースクイーン・オブ・ザ・イヤー受賞者としては大矢真夕(2008・2009年)、相川友希(2009年)に続く3人目のオートサロンイメージガールとなる。
  • 2017年1月13日、「日本レースクイーン大賞2016」でテレビ東京賞を受賞したが、同年6月には芸能活動から一時引退しており、活動休止中は花屋でアルバイトしながらネイリストの資格を取るために通学していた。
  • 2019年6月、自身のツイッターにて、01familiaへの所属や芸能活動の再開を発表した(後にブログでも発表)。なお、ネイルサロンでの勤務も続ける。山形県酒田ふるさと観光大使。山形県遊佐町・鳥海2236ゆざ親善大使就任。